【開催報告】SDGs x NVC – つながりを知る・つながりを育む –

2019年7月6日、宮崎大学まちなかキャンパスにて、SDGs(国連持続可能な開発目標)とNVC(Nonviolent Communication/共感的コミュニケーション)をテーマにしたワークショップを開催しました。

前半のテーマは「つながりに気づく」。SDGsについてのプレゼンテーション。ショート・ムービーやデータ、実例などヒントに、SDGsの生まれた背景、大切にしている理念、国内外の動向や具体的な取り組みなどについて考えていきます。

後半のテーマは「つながりを育む」。互いの意見を受けとめるとはどういうことか。また、意見の異なる二者がいる場合、その対立から、どのようにつながりを見出すことができるのかについて、対話型のワークを通じて深めていきます。

参加者にはSDGsやNVCについての理解度がさまざまな人が交わり、それぞれの大事なメッセージや、SDGsの達成のためにNVCの視点を持つことの意義について、対話を通じて理解を深めていきました。

ワークショップ後、参加者からは

今まで「対立している二者がいるのならば妥協点を探るしかない」としか思っていませんでした。しかし、ニーズカードを用いることでお互いの主張の根源にあるニーズを容易に確認し、よりよい方法を探ることができることに感動しました。極端な話ではあるが、この手法によって世界から争いがなくなることがあり得るのではないかと思った。これからの人生にいかしていきたい」

「NVCについて授業で学んでいますが、SDGsからの視点で考えたり、実際にNVCを使って意見の共有をして、今後のコミュニケーションでどのように使えばいいかわかったような気がします」

「更に多くの場所や人に向けこの講演を行い、広めて欲しい」

などの感想がありました。

つながりに気づき、育むためにどんな視点を持つことができるかー。SDGsに関心があるさまざまな現場に応用できるプログラムです。SDGsの実現に向けた取り組みを考えたい方、対話の場を提供する行政や企業、NGO/NPO/市民団体、教育機関など、ご関心がある方は是非ご相談ください。SDGsゲームなどとのコラボレーション企画も実施しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です