ターコイズ・ブルー

何かを表現するとき、つい、表現された対象物の方に気持ちが向かいがちだが、実際に大事なのは、それによって生じる余白の方なのではないかと思う。

対象は説明的になりがちだが、余白は、想像のためのスペースになる。

説明は正確さを求めたがって、理解を必要としているみたい。

空白は、何もないことによって清々としている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です