実践 [NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法]夜のオンライン

いつ:
2018年1月14日 @ 8:30 PM – 10:00 PM
2018-01-14T20:30:00+09:00
2018-01-14T22:00:00+09:00
どこで:
オンライン
料金:
24,000円


これからのリーダーシップの必須要素と言われる「共感力」。

NVCはそういった共感力を育む有効なアプローチであり、マイクロソフト社のCEOサティア・ナデラ氏は、『NVC – 人と人との関係にいのちを吹き込む法(原題 -NVC – Language of Life)』を幹部を含む全社員への推薦本に掲げています。

自分自身と相手の心(ハート)の声に耳を傾けて、感情(Feeling)や大切なもの(ニーズ/Needs)を明確にしていくことで、誤解や偏見からではなく、心からつながり共感を伴って行うコミュニケーション。それが、NVC(Non Violent Communication / 共感的コミュニケーション)です。内省力や共感力、自己一致感を育むことに役立つとされ、教育現場やビジネス・NPOなどの組織、コミュニティや家庭など幅広い分野で活用されています。

このコースでは、NVC創始者マーシャル・ローゼンバーグ氏の著作「NVC-人と人との関係にいのちを吹き込む法」を参考に、実践的ワークな通じて学びを深め、日々の暮らしにいかす力を育みます。

<開催日時>
全8回(1/14, 1/28, 2/4, 2/18, 2/25, 3/11, 3/18, 3/25)
*以前受講したことのある方の再受講も受け付けています。

<内容>
1月14日(日)
第1章:  心の底から与える
第2章:  思いやる気持ちを妨げるコミュニケーション

1月28日(日)
第3章: 評価を交えずに観察する

2月4日(日)
第4章: 感情を見極め、表現する

2月18日(日)
第5章: 自分の感情に責任をもつ
第9章: 思いやりをもって自分自身とつながる

2月25日(日)
第7章: 共感を持って受け取る
第8章: 共感の力

3月11日(日)
第10章: 怒りをじゅうぶんに表現する

3月18日(日)
第6章:  人生を豊かにするための要求
第11章: 力を防御的に使う

3月25日(日)
第12章 : 自分を解放し、人に助言する
第13章:   NVCで感謝を表現する

<参加方法>
・テキスト(「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」
(日本経済新聞出版社))は各自ご用意ください。
・zoomという無料アプリを使います。
・学びのシェアや深め合うために、参加者向けに、非公開のグループをつくり、ポイントをシェアします。

<定員>
・6人

<参加費用>  (全8回分)
・24,000円(税込)

<お申し込み方法>
・以下のリンクよりご登録ください。
https://goo.gl/forms/IewNcxx7Y7QgGdry2

<参加者からの感想>
・「オンライン講座は初めてで不安もありましたが、なんと深く、しかも気軽につながれることか!毎週、顔を合わせて豊かな時を共にすることが楽しみ、実際には一度も会ったことのない方たちなのに、同じワークをする「同志」というつながりや安心感がしっかりと芽生えるのが、不思議です。何より、本を読むだけでは実際の生活に落とし込みにくいことも、みんなで毎週一章ずつ練習するというスタイルで、より確かな学びと実践につながっていく、という確かな手応えを感じました。」(40代・フリーランス・女性)

・「Language of Life」の翻訳としてでた当時、なんどか通読たもののその後本棚の奥に引っ込んでいた本書。この原点をテーマに約3か月にわたって、同じメンバーと日常的にNVCを意識する環境をつくるということはなかなかないように思います。マーシャルの考え方や献さん(本の監訳者:安納献さん)の想いの上にたって、ワークをしたり、お互いの体験を語るなかで、人として共通の大切なものを重ねあわせていきながら、自分の中に新しいリソースをつくっていけるような体験をすることができました。オンラインで気楽な気持ちで参加することができることも魅力です。(会社経営・男性)

・「読書勉強会は二回目の参加でした。本を買って持っていたのになかなかページを開くことが出来ず、積読になっていたのですが、勉強会をきっかけに一章ずつ丁寧に読み進むことが出来ました。読み返すたびに新たな気付きがあり、毎回感動しています。基礎コースも受講しましたが、この本を読んでいたことでより深く自分に落としこめたと思っています。勉強会では本を読むだけではなくロールプレイやグループワークの時間もあり、より実践的でもあります。1クール参加してみて効果を実感して、これからも週に一度NVCに触れる時間を敢えて作ることを私は選びました。そうしたことで去年の自分とは比べ物にならないほど、心の平和を保てています。」(40代・自営業・女性)

・毎回の読書会前にその章を読み解くポイントとか自主練ができるような要約を送っていただけたのもすごく有難く、それを使って練習会が発足して学習に役立っているという生きた教材を頂けたことも感謝してます。でもその課題にとらわれることなく、章からそれる回もありましたがそれはそれで自分にとって学び深いものになっていたので、メンバーのその時大事にしてることを取り上げてみんなでシェアできることを大切にしてくれてたように感じました。それからなんといっても毎回のファシリテーションが配慮と安心と気楽さを与えてくるこの心地よい感じは言葉でなかなか表現できないので是非いろんな人に体験してもらえたらなと思います。参加出来て本当によかったです。ありがとうございました。

・オンラインは慣れると抵抗がなくなりました。”耳参加”というキーワードが個人的には気に入りました。どんなスタイルでもいいから継続してみようという人には開いている感じがあり。自分以外の人が話しているのを聞いていて、ピンっと感じた時に入るというスタイルもよいと思います。安心してつながれるコミュニティ→これが一番感じた部分かもしれないです。1人の人の話をもっと深く聴くとかなかなかできないですし。(医療関係・ 女性)

<ファシリテータ>
今井麻希子(comaki)
栃木県出身、鎌倉在住。国際基督教大学(平和学)を卒業の後、外資系IT系コンサルティングやアニメ制作会社に勤務。生物多様性の国際会議にNGOの立場で参加したことをきっかけにサスティナビリティやソーシャルをテーマにしたライターに。NVC(非暴力コミュニケーション)と出会ったのちは企画・ファシリテータとして学びの場づくりに力を注いでいる。IIT(NVC国際集中合宿)2017熱海通訳、Bay NVC Leadership Program 2017修了。
(これまでに主催したワークショップ)
– 共感的コミュニケーション基礎講座
-「The Heart of Social Change」(共同主催)
– 共感的コミュニケーション体感的ワークショップ (NVCダンスフロア)
– NVC -人と人との関係にいのちを吹き込む法- オンライン講座
– 子育てに共感の贈り物 など