restoration of sight

言葉の始まる前の、感情の始まる前の世界に帰ることができたなら、
どんなにたくさんの正義がギラギラ光を放ちあう空間を通っても
いかにも立派な見た目や、高級さ、
私の真ん中から、気をそらさせる、あらゆる存在から
自由にたっていられるだろう。
この、四角く、黒っぽい色をしていて、何か絵が描いてある”本”と呼ばれるものが
どんな棚にあって、私がどんな”それらしい私らしさ”を振りまこうとしているとしても
この、黒っぽいの。メモリのある秤にのせると、たった500gくらいの
大したことのない”本”のこと。
たとえ一日が終わっても
気づいたらまた新しい日がきて
あなたはその中にいるから
そんな風に
あるものを、ただ、あるものとして、みつめてみよう。

a-course-in-miracles

カテゴリーlife